偏差値ど真ん中ちび太の中学受験〜2020年2022年の兄弟受験日記〜

サピックスに通う小学6年生。ちび太の受験までの日々。

マンスリーテストと先生への相談

マンスリーテストの結果が出ました。

 

今回は、社会が(また)偏差値40台前半だったにも関わらず、算数と国語が四科偏差値を引っ張ってくれた結果となりました。

たいてい算数か国語のどちらかは悪いのですが、両方バランス良く上げることが出来れば、社会がすごく苦手でも何とかなるのかな、と希望が見えました。

 

算数>60≒国語>四科>55>理科>50≫社会>40

 

社会は一通り勉強して、大丈夫だと思っていたのですが😔

もう、どうすれば良いのか分からない、と思いサピックスの先生に電話相談してみました。

 

先生:社会が得意な子は、社会が好きな子or志望校に受かりたいという気持ちが強い子なんです。

 

母:はい…(じゃあ、ちび太は社会あげるの無理なんじゃ😣)

 

先生:テストの解き直しなども、社会は漢字に気を付けたり、覚えられるように工夫したり、本人が自分で気をつけるしかない。それが、学校への思いが強い子は出来ます。

今は受験への自覚がない子も、GS特訓をへて、2学期頃からやる気が出る事が多い。

親は、子供のやる気に火がついた時に備えて、苦手データを集めておいたり下準備をしてください。

口煩く思われても声かけを続けて、積み上げていけば、やる気が出た時に伸びます!

今これをやれば伸びるという事はないです。

 

などなど…。

 

(やる気スイッチが入らなかったら、どうなるの?

お兄ちゃんのように、やる気スイッチ入らないまま受験に突入しないかしら😥)

 

 

もっと、こうやれば良いですよ〜っていう具体的な勉強法のお話も聞きたかったのですが、聞いていただいた事で、少し落ち着きました。

今は結果が出なくてもコツコツ続けるしかないか。

 

毎週のデイリーチェックテストやコアプラスを大切にして、積み上げていこう。

 

マンスリー対策を重視したせいで、前回の復習がおろそかになり、昨日の社会デイチェは30点でした😭

 

やっぱり、日々の勉強リズムを崩さないようにする事って大事だな。