偏差値ど真ん中ちび太の中学受験〜2020年2022年の兄弟受験日記〜

サピックスに通う小学5年生。ちび太の受験までの日々。

Aタイプとは?Bタイプとは?

今更ですが…志望校判定サピックスオープンのAタイプとBタイプについて調べてみました。

↓※新6年生対象の志望校判定サピックスオープンの説明からの抜粋です。

◎算数

Aタイプ…問題演習によって得られる解法知識の定着度と正確な処理能力を試す出題

Bタイプ…思考力と分析力を重視した出題

 

◎国語

Aタイプ…情報処理力や知識力を試すもので、抜き出しや記号選択などで答えるものが中心の出題(記述問題の割合は2割以下)

Bタイプ…思考力や記述力を試すもので、細部や全体を読み取り、記述で答えるものが中心の出題(記述問題の割合は6割以上)

 

◎理科

Aタイプ…知識力を重視し、語句や選択肢での解答が中心。標準的な題材から出題

Bタイプ…認識力、解決力、表現力を重視。標準的ではない題材からも出題

 

◎社会

Aタイプ…選択肢解答が中心で知識力重視。設問パターンが標準的なもの

Bタイプ…記述形式が中心で思考力を重視。

設問パターンが標準的ではないもの

 

 

 

簡単に言うと、Aタイプでは「知識の定着度や処理能力」、Bタイプでは「思考力や記述力」を問うのだそうです。

 

ただ、あくまでタイプ別の問題に分かれているというだけであって、志望校の入試問題の傾向とあっているかは分かりませんよね。

 

志望校の合格率が低くても、そこまで気にする必要はないのかもしれません😌

 

 

 

 

 

気になるけど…😅

 

マンスリーテストが終わったら、ちび太の苦手そうな算数Bタイプの勉強を家庭学習に取り入れていく予定です。

国語はAもBもやらなくちゃ💦

 

 

何をやるのかは、まだ未定。

 

 

ひとまず、今はマンスリーテスト対策頑張ってもらいます😃

 

 

今日は、下校時間が早いので、塾に行く前にSwitchで遊んでいます。

 

アンダーテール、お兄ちゃんもちび太もハマってます。

 

テスト前だけど、、🎮

 

 

 

受験ブログ 人気ブログランキング - にほんブログ村

ブログ村に参加しています。

ポチッと押して応援してもらえると嬉しいです。